仕事中の交通事故には労災保険が適用されます

作業用の車

労災保険とは?

労災保険とは、仕事中に起こった事故や災害などにおける怪我や病気などによる通院や入院、手術などの医療費や、休業補償を行うための保険です。

労災保険という言葉を耳にしたことがあるという方は多いでしょう。
雇用保険と労災保険を合わせて労働保険と呼びますが、働いている人で一定の基準を満たしている方が適用されます。

アルバイトやパートなど、雇用形態は関係がなく、週の労働時間などによって資格が取得できます。
雇用保険に加入している方は自分もいざというときに労災保険が適用できると考えて良いでしょう。

仕事中に起こった事故による怪我や業務が原因でかかってしまった病気などが適用されますが、病気の場合は業務中に原因があることやその因果関係を特定するために時間を要する場合があります。

また仕事中だけでなく、仕事のための通勤や準備時間なども範囲内となります。

通勤中の事故と労災保険

例えば、自宅から職場への通勤中交通事故に巻き込まれてしまった場合なども保険が適用されます。
しかし通勤中の交通事故については適用外になる場合もありますので確認が必要です。

職場から自宅へ帰宅中に食料品を購入するためスーパーに立ち寄り、その後の帰路で事故にあってしまった場合は適用内ですが、退社後飲み会に参加したあとの帰路で事故にあってしまった場合は適用外となります。

どちらも私用による行動ですが、目的の大きさによってその判断に違いが生じます。
仕事もプライベートも日常生活の内ですが、保険適用の範囲についてはその時の状況によって業務のために必要なルートであったかなどの判断がなされるのです。

万一交通事故にあってしまった場合、労災が適用される範囲であると感じた場合は、緊急時を除いて労災指定病院を受診することをおすすめします。

労災が適用される場合、通常使用している健康保険は使用できません。
病院で健康保険証を提示し、請求額を支払ったあとに労災の申請をすると健康保険を使って支払った病院代の返還手続きが必要になったり、病院を変更する必要が生じるケースがあるためです。

健康保険では、働く人が病気や怪我で数日間から長期にわたって休業を余儀なくされる場合に利用できる傷病手当金の制度がありますが、この制度と労災保険は併用できません。

労災を使用することにより通院や入院費などの負担はなくなりますが、健康保険や厚生年金保険などの社会保険料については休業中も継続して支払う必要があります。
時給や日給制で働く人にとっては欠勤期間に職場から給与の支払いを受けられなくてもこれら社会保険料を納めなくてはならないため負担に感じる場合もあるでしょう。