レンタカーで交通事故被害にあった時の賠償責任はどうなるのか

レンタカー

レンタカーで交通事故が起きた、事故に遭った時どうする?

自分の車では車内が狭く、レジャーに出かけるときに使い勝手が悪い場合があります。そんな時にはレンタカーを利用することで、不満を解消することができます。
とても便利なサービスですが、車を運転していると交通事故被害にあったり、それに関する賠償責任を負うリスクが発生します。安全運転を心がけたいところですが、100%事故を防ぐ方法は存在しませんので、危機意識を持ってレンタカーを使っていかなければなりません。

交通事故の加害者の立場になったら

まず、相手が交通事故被害にあったときです。自分が加害者の立場になりますので、誠心誠意対応しなければなりませんが、レンタカーで交通事故を起こした場合には契約の際に同時に加入した保険を利用することで、スムーズに手続きができる仕組みが用意されています。格安のサービスではなく、保険付きの内容が充実したサービスを選ぶと、トラブルが発生しても安心です。

交通事故の被害者の立場になったら

逆に自分が交通事故被害にあってしまうと、車の種類に関係なく、運転手が賠償責任を負います。但し、レンタカーの場合は前述のように保険に加入している例が多いため、厳密には保険会社を相手に手続きを行うようになります。

相手はプロの保険会社ですので、素人が交渉するのはかなり不利になることが予想されます。無理に相手と交渉するのではなく、できれば交通事故や損害賠償請求に強い弁護士の力を借りることをおすすめします。弁護士もその道のプロですので、保険会社を相手に法律を駆使して、より良い条件を導き出してくれます。

加害者になった場合には、レンタカーのサービス会社への連絡を迅速に行う必要がありますが、同時に交通事故被害にあった人を救出しなければなりません。いつまでも放置して怪我の状態が深刻になり、命を落とすような事態になれば大変です。速やかに救急車を呼んで、病院で治療を受けさせるようにしましょう。警察に届け出ることも必要です。警察に連絡しないと、保険が適用されない恐れがあるからです。

保険があれば賠償責任を負っても安心だと油断していると痛い目に遭います。保険の補償を超える賠償責任を負えば、足りない分を自己負担しなければなりません。これは交通事故被害にあった人も覚えておきたい知識です。損害賠償請求の満額を相手から受け取れなくなるリスクが高まります。

また、飲酒運転や契約者以外の人物が運転していた時、無断で時間を延長して運転していた際に事故に遭遇すると、保険会社ではなく、運転手がほぼ全ての費用を負担することになります。