交通事故の損害賠償請求権には時効があるのか

23a98d0398262f6fbdacf6a7974f7f0b_s

損害賠償請求権には時効があります!

交通事故が起きてしまった場合、損害賠償請求権には時効があるのか考えたことはありませんか。被害にあってしまった場合は、後遺症などのことも考えて示談をゆっくりと行いたいと考えている方もいるはずです。十分に時間をかけて交渉をすることはメリットも多くありますが、損害補償賠償期間の時効があることを憶えておくことが大切です。

損害賠償請求権の時効は、民法で三年と定められています。

三年間に行使しなかった場合には、被害者が加害者に損害賠償を求めることができなくなってしまいます。その他にも保険会社への請求、自賠責保険、任意保険のも同じく三年の期限があります。交通事故が起こってしまった場合には、すぐに保険会社への通知を行いますので加害者の場合は時効を気にする必要は特にありません。

損害賠償請求権の場合は三年の期間が定められていますが、悪質な場合や加害者が不明の場合においては二十年と規定されています。その間に加害者が見つかった場合においては、三年の期限が設けられます。損害賠償の内容によっては、多少の時差がありますので同じ三年でも保険には違いがあります。ガードレールや信号などの物質事故の場合は、交通事故の発生した日から三年となります。

もしも、後遺症が残ってしまった場合の事故においては症状が固定された日から三年間と決められています。加害者の場合は早く解決をするためにも、示談を急ぐ傾向にあります。

急いだり、納得しない示談は禁物

しかし、被害者の方は結論をあまり急ぐのは良くありません。後遺症は後になってから、症状として出て来る場合があります。相手からの賠償金額の内容に納得いかない場合も出てくるのではないでしょうか。しかし、納得がいかないからといって示談や交渉を長引かせることは良くありません。当事者同士で争そうばかりでは解決することは不可能ですので、裁判所など公正に判断してくれる場所で解決することを検討しましょう。示談が不成立になってしまいますとお金を払うことができない加害者側の方が不利に聞こえるかもしれませんが、実勢に困ってしまうのは被害者の方です。

損害賠償金や慰謝料を受け取れない期間が続いてしまうのは、被害者にとってはデメリットしかありません。解決をするために時間がかかってしまっては、精神的に疲労する一方ですしストレスが溜まってしまいます。最終的には裁判所に調停を申し立てましょう。それでも納得がいかない場合には、民事訴訟を起こすことを考えておきましょう。