事故後遺障害の14級に認定される交通事故むちうち

首むちうち

交通事故の後遺症で一番多いのが「むちうち」

交通事故の後遺障害14級9号、というものに、交通事故むちうちがあります。後遺障害認定基準においては、「局部に神経障害を残すもの」と規定されております。等級は1へ近づいていくほど後遺障害はひどくなり、14級はその最低級に分類されています。

後遺障害14級の認定基準は、神経系統の障害の存在が医学的に説明することができる場合のみとなります。よって、神経障害の存在が証明されるまでには至らなくとも、被害者自身が訴える症状の発生が医学的に交通事故によるものであるということが説明できる場合にはこれに当たります。「交通事故損害賠償額算定基準」を見ると、そのような旨の記載がみられます。

この神経系統の障害というものは、交通事故むちうちなどのヘルニアによる末梢神経の障害だけではなく、頚部痛や頭痛、といった痛みもこれに含まれます。医学的に説明できるかどうかは、交通事故損害賠償額算定基準の記載により、交通事故と受傷者の障害が医学的に矛盾なく説明されるか、ということを意味しています。つまり、もし受傷者が症状を訴えながらも、検診の際に痛む場所や症状が変わる、などの矛盾するようなことがあった場合には、医学的な説明がつかなくなってしまうため、その認定を受けることができなくなってしまいます。

また、その認定の際に重要なことは、交通事故損害賠償額算定基準には詳細が記載されていないものの、「その神経障害が将来にわたって残存する可能性のある障害であるととらえられるか」ということです。これは、通院期間やその回数、そして治療内容によって変化します。

後遺障害診断書作成には6か月の通院が重要

むち打ちなどの障害の場合には、六か月にわたる通院が後遺障害診断書を作成する際最低必要な機関であるといわれています。なので、もし六か月で通院を追わrせてしまった場合には症状が将来にわたって残存すると歯言えない、と判断されてしまう余地を残してしまうことになります。つまり、現在進行形で症状が残っていたとしても、将来的には症状が消えている可能性がある、と認定されてしまう可能性がある、ということです。通院回数や治療内容にもよりますが、もしも障害として認定してもらう場合には、六か月以上の通院やリハビリが必要となってきます。

そして、もう一つ大事なことが、診断書に書いてもらう項目についてです。主に自覚症状の変化を詳しく医師に伝えることなどが重要です。たとえ事故直後にはそんなに強く症状が現れなかったものの、それから数日たってから症状が現れた場合などには、なるべく早く医師に伝えるようにしましょう。そのようなことも詳しく記載してもらうことがポイントとなってきます。