もらい事故に遭ってしまったときに頼りになる弁護士費用特約

弁護士費用特約

もらい事故(過失割合0)被害と示談交渉

交通事故の加害者となった場合、自動車保険に加入している保険会社が賠償金を支払います。
示談交渉も加害者に成り代わり保険会社が代行してくれるので、交通事故を起こしたものの、基本的に事故処理は楽です。
しかし、追突事故などのもらい事故の場合は、被害者の過失はゼロです。

そのため、加入している保険会社は加害者との示談交渉を代行してくれず、自力で話し合いをして賠償額などを決めなければいけません
ですが、過失はゼロで大きな被害を受けているのに、加害者との交渉も自分で行わなければいけないのは、被害者にとっては大きな負担です。
もらい事故で車が使えなくなったり、怪我をしたりしている状態なら、なおさら負担は大きくなるでしょう。

また、法律の知識などに疎い被害者が、一人で知識のある保険会社の担当者と交渉するのは無理があります。
加害者側の代理人に言いくるめられてしまい、十分な賠償金を受け取れない可能性も大きいです。
もらい事故の場合、全く過失がない被害者の方が、加害者より負担が大きくなる仕組みとなっているのです。

もらい事故被害者を助ける弁護士費用特約!

しかし、保険会社の弁護士費用特約に加入をしておけば、被害者の負担は減らすことができます。

弁護士費用特約は任意保険に付随する特約の一つで、加入しておけばもらい事故に遭ってしまった場合、弁護士が加害者側の保険会社と交渉をしてくれます。
面倒な賠償金に関する交渉ごとを全てお任せできるので、被害者は怪我の治療などに集中することができますし、賠償金が低くなることもないでしょう。

また、弁護士費用特約を使って依頼できる弁護士は、費用が一切かかりません。

必要な弁護士費用は保険会社が負担してくれるので、金銭的な負担も発生せずに交渉を任せられます。
交通事故に遭うと仕事を休んだりすることもあるので、無料で依頼できるのは大きな魅力です。

さらに依頼する弁護士は、自分で探してお任せすることもできますし、保険会社に紹介してもらうこともできます。

弁護士を探す手間を省くなら保険会社の紹介、少しでも有利に交渉を進めたい、信頼のできる相手に任せたいなどの場合は、自力で探して無料で依頼すると良いでしょう。

弁護士費用特約を利用することができるのは、追突などのもらい事故だけではありません。

さまざまな交通事故に広く使うことができて、被害者に過失がある場合でも利用できます。
もしものときに頼りになるのが、保険会社が提供する弁護士費用特約なのです。