交通事故の治療と症状固定と弁護士に依頼について

治療

交通事故にあったら「痛み」に関わらず病院へ行け!

普通に暮らしていても、予期せぬ交通事故に遭ってしまうことがあります。自分に非はなくてもケガを負うこともあり本当につらい日々が始まります。かなりショックをうけてしまうこともありますが、事故にあったときは、まずは警察を呼ぶことが一番です。そのうえで事故証明をしてもらい、その日のうちに、まずはレントゲンを撮れる病院にいくことが必要です。そのうえで医師に怪我の状態を記入してもらうことが必要です。

そのうえで、きちんと治療を受けていくことが必要です。時々そのときに痛みがないからと、病院にいかなかったり示談にしてしまう人もいますが、あとから痛みがでてしまったとしても、放置していた状態が長ければそれは交通事故とは認められないと医療費の請求もできなくなってしまいます。ですから、警察を呼んで現場検証をしてもらうことと病院でレントゲンをとることは必ずやらないといけないことです。

長く治療をして完全に治ればいいのですが、それでも治りいらないで、後遺症が残ってしまうことがあります。そんなときは医師の治療と症状固定が必要になってきます。これはしっかりと治療をしたのに、後遺症が残ってしまったという証明になります。この証明書を書いてもらってから、加害者側の保険会社から、その障害の等級にあわせて賠償金や慰謝料がきまっていくことになりますが、日本の場合、被害者側が満足するような金額にならないことが多いです。

示談交渉は弁護士に任せる

そんなときは、相手の保険会社に自分で交渉をしないで弁護士におまかせするという方法があります。

弁護士はあなたにかわって、相手の保険会社との交渉を進めてくれます。どのような交通事故だったのか、どの程度の怪我なのかは勿論ですが、交通事故に遭ったことで、あなたの仕事にどの程度、影響を与えるものだったのかなど、一つ一つ検証していってくれます。これにより、より細かく慰謝料や賠償金の請求をしていってくれます。個人で保険会社との交渉をするのは、つらいものがあります。ケガの治療だけでもつらいのに、まだ治らないのかと聞かれているようで、つらくなるという人もいるくらいです。でも弁護士に依頼したほうが、個人で交渉するよりもずっと満足をする賠償金や慰謝料をもらうことができることが多いです。それは医者のいる整形外科などで治療をしたということと、半年くらいずっと治療を継続したということによって交通事故の怪我が認められたということにほかならないのです。