交通事故の過失割合は弁護士に相談する

9961132bcf9ca999bed22ee0e2c3d444_s

過失割合とは?

毎日普通に暮らしているようで、予期せぬ事故に遭うということもあります。たとえば、自動車同士とか、自転車と自動車とか自転車同士など、いろいろなパターンで事故が起こります。事故に遭ってしまったときに行うことはまずは、警察を呼んで事故状況を説明をして事故証明を書いてもらうことが必要です。これによって保険会社の支払いをうけることができるからです。

その後、なぜ事故がおこったのか、だれが悪いという交通事故の過失割合については、警察は決めません。損害賠償で用いられる過失割合を決めているのは、警察ではなくて警察のつくった事故証明をもとに保険会社がきめているのです。

ただこれは、交通事故の状況を一つ一つ分析をしてきめていくというよりも過去の交通事故判例に照らし合わせて過失割合の数字をきめていくという作業が行われるのです。ただ、事故が起こった状況というのは、同じものはありません。

そのため、100%自分に公平なものになっているのか疑わしいときも現実としては起こりうるのです。

過失割合の交渉は弁護士に任せよう

このため示談交渉で後悔しないためには、自分でも過失割合について勉強しておく必要があります。しかしながら、素人が突然交通事故の過失割合について勉強をしようとしても、かなり無理があります。そんなときには弁護士に依頼することがお勧めします。

弁護士は、あなたに代わって相手の保険との交渉をしてくれます。なぜ事故が起こってしまったのか、どのような状況だったのかを丁寧に検証していってくれるのです。すくなくとも過去の事故に照らし合わせるだけでなく、しっかりと事故の状況をとらえていってくれるのです。あなたは、その間、ケガに治療に専念したり、怪我の治療でおくれた仕事に専念できるので、精神的に開放されることにもなるのです。ここで一つ大きなポイントは依頼するときは、交通事故の案件に強い弁護士に依頼するということです。

事故についての過失の割合などは、とても複雑なことも多いので経験がものをいうことが多いです。事故を扱ったことがないという弁護士では交渉でまけてしまうことが大きいからです。ですから依頼するときでもいろいろと情報をあつめて、経験豊富な弁護士に依頼することがポイントになってくるのです。そのときは、事故の状況などを正直に伝えておくことが必要です。自分に不利なことを隠すのではなく、どんな小さなこともきちんと正確に伝えておくことが大切なことです。