専業主婦が交通事故に遭った場合の休業損害

house-wife仕事をして収入を得ている人が交通事故にあった場合、働けなくなった日数分の休業損害を相手方に請求することができますが、専業主婦が交通事故に遭った場合、働いて得ている収入はありませんので、休業損害を請求できても、金額をどのように計算するかなど問題が出てきます。その場合、1.自賠責基準、2.任意保険基準、3.弁護士・裁判基準の3つの基準をもとに休業損害額を計算します。この3つの基準の中では、自賠責基準が一番安く、弁護士・裁判基準がもっとも高額となります。

どの基準でも1日あたりの基礎収入額に休業日数をかけて休業損害額を算出します。

①自賠責基準での計算方法

自賠責基準で計算する場合、原則的に一律で1日あたり5700円として計算します。
この場合、休業損害額は、5700円×休業日数となり、
専業主婦でも、一律1日あたり5700円請求できます

②任意保険基準での計算方法

任意保険基準で算出する場合、各任意保険会社によって基準が異なりますので一概には言えませんが、ケースによっては、自賠責基準と同じ1日あたり5700円の計算方法を提示される場合があります。

③弁護士・裁判基準での計算方法

弁護士・裁判基準での算出する場合は現実の収入を基礎収入として計算します。
サラリーマンの場合は、交通事故前3か月分の収入の平均をとって基礎収入として、1日あたりの基礎収入を算出しますが、
専業主婦の場合は現実的には収入がありませんので、基礎収入を算出できません。
しかし、弁護士・裁判基準によって請求することができます。

専業主婦であっても、家事労働をしているのでその労働の対価を観念することができるからです。

この場合に、基礎収入をいくらにするのかが問題となりますが、この場合、賃金センサスの産業計、企業規模計、学歴計、女子労働者の全年齢平均賃金の基準を使います。この基準を用いることにより、1日あたり約1万円程度を請求することも可能です

任意保険会社と示談交渉をすると、現実での収入がないことを理由に1日あたり5700円を提示してくるケースが多いですが、賃金センサスに基づいた計算方法を主張します。

また、働いている人が休業する場合には勤務先に休業日数の証明書を発行してもらうように依頼することができますが、主婦の場合は、勤務先がないので休業日数を証明する方法として、医師による診断書や通院を証明する書類などが必要になりますのであらかじめ用意しておきます。