後遺障害と認められる椎間板ヘルニア

交通事故にあった時によくあるのがムチウチと呼ばれる症状ですが、さらに大きなケガの場合、後遺症が残ってしまうことがあります。後遺症の一つには後遺障害と呼ばれるものがあります。これはその名の通り、後遺症の中でも重度で、仕事ができないほどの状態になっている人が等級認定を受けていることをいいます。

もし交通事故に巻き込まれた時に椎間板ヘルニアであると診断された場合は12級に認定されます。そのためにはまず病院で神経学的検査を受けて椎間板ヘルニアとの関係を調べてもらう必要があります。神経学的検査とは視診や触診、姿勢反応、脊髄反射検査、脳神経検査、尿検査、感覚検査などのことをいいます。この神経学的検査で病変と神経症状が一致していれば等級認定されます。もし一致しなかった場合は14級か認定なしとなってしまいます。申請には専門的な知識が必要となるので、等級認定してもらう場合は弁護士に依頼するのが良いでしょう。

後遺障害と診断された場合は慰謝料を請求することができます。例えば12級に認定されていれば慰謝料の相場はおよそ290万円、14級であれば110万円となっています。事故との関係がないと判断されれば等級認定はされませんから、慰謝料も請求することはできません。注意しなければいけないのは事故との因果関係が認められたとしても椎間板ヘルニアの症状が以前から徐々に出ていたということがわかった場合は一部が減額されてしまうことがあります。減額される金額は1割から3割ほどです。椎間板ヘルニアは加齢によって症状が出てくることがほとんどなので、交通事故の場合、事故の衝撃が大きく、30代以下で事故直後に神経症状が出ていれば認定される可能性は高いです。そして神経症状に対応する椎間板以外に病変がなく、医師が事故が原因の外傷性ヘルニアであると診断していればさらに可能性は高くなります。

椎間板ヘルニアの交通事故による症状としては腰から下に痛みやしびれが出てくることが多いです。具体的な症状は腰痛、むくみ、感覚障害、下半身のしびれや疼痛などです。弁護士に依頼する場合は交通事故に詳しい弁護士を探してまずは相談してみるのが良いです。相談は時間は限定されることもありますが、無料でできる場合も少なくありませんからそれを利用すると便利です。治療を継続する必要はあるわけですから慰謝料などはもちろんあるほうが良いですし、加害者の保険会社に請求する時も被害者本人ではどうにもならないことも多いので、専門家の力を借りるほうがいいです。