交通事故が起きた時に最初にすること

b5eff8495a98cd7fa2cf42cfe18ba452_s

交通事故が起きたらまず、「落ち着くこと」

交通事故は突然発生するものになりますから事前に予測するのが難しいです。
しかし、最初にすることを覚えておけば上手く立ち回ることができ、初期対応やその後の対応でスムーズにいくことができます。

交通事故に遭った時に一番大事なのは、まず落ち着くことです。
状況をしっかりと整理する必要があり、冷静になるのが難しい場合が多々ありますが、落ち着いて行動することによって人の命を救ったり、怪我を軽くしたりすることができます。
そして示談交渉をする時や事故処理をする時もこの時に冷静に落ち着いて状況をしっかりと覚えておくことができれば円滑に進めることが可能です。

示談のことを考えた場合に取っておきたい行動は初期対応を覚えておくことが大切になりますので、メモを取れるようにしたり、スマホで記録をしたりすることも大切になのでいつでもできるように準備しておきましょう。

警察に連絡しよう

基本的に交通事故が起きた時に最初にすることですが、道路交通法によって措置が定められています。
もし自動車の運転で事故が起きたら運転を停止して、負傷者を救護して危険防止を行ってから警察等に通報を行い内容を報告するといった流れになっています。

加害者と被害者のどちらの場合でも運転を停止したり、救護したりする行動は変わらないですが、警察に通報してからの行動が違ってきます。
加害者の場合は交通事故を起こしてしまったことを加入している保険会社に連絡をしなければなりません。
保険の内容によっては初期対応も任せられることもありますので、まず連絡してみることが大切です。

被害者の場合ですが示談交渉や損害賠償請求をスムーズに行うために事故状況や加害者の情報を記録することが大切です。
スマホやカメラ等で撮影したり、目撃者の声を記録したり、または加害者が警察への通報を渋る場合もあって、その場で示談交渉を始める場合もあるのですが応じないようにしましょう。
そして、一通りの対応が終われば自分の身体も大切であり、何もなかったとしても後で痛みが発生する場合も多々ありますから医師の診断はしっかりと受けて因果関係によって損害賠償請求を行います。

このように交通事故が起きた時に最初にすることは基本的な救護活動になりますが、その後は示談交渉がスムーズになるように加害者と被害者はそれぞれ必要な行動をしなければなりません。
初期対応がしっかりとできていないと後の交渉でトラブルが発生しやすくなりますので双方共に記録に残すことが大切です。