交通事故の損害賠償請求権には時効があるのか

23a98d0398262f6fbdacf6a7974f7f0b_s

損害賠償請求権には時効があります!

交通事故が起きてしまった場合、損害賠償請求権には時効があるのか考えたことはありませんか。被害にあってしまった場合は、後遺症などのことも考えて示談をゆっくりと行いたいと考えている方もいるはずです。十分に時間をかけて交渉をすることはメリットも多くありますが、損害補償賠償期間の時効があることを憶えておくことが大切です。

損害賠償請求権の時効は、民法で三年と定められています。

三年間に行使しなかった場合には、被害者が加害者に損害賠償を求めることができなくなってしまいます。その他にも保険会社への請求、自賠責保険、任意保険のも同じく三年の期限があります。交通事故が起こってしまった場合には、すぐに保険会社への通知を行いますので加害者の場合は時効を気にする必要は特にありません。

損害賠償請求権の場合は三年の期間が定められていますが、悪質な場合や加害者が不明の場合においては二十年と規定されています。その間に加害者が見つかった場合においては、三年の期限が設けられます。損害賠償の内容によっては、多少の時差がありますので同じ三年でも保険には違いがあります。ガードレールや信号などの物質事故の場合は、交通事故の発生した日から三年となります。

もしも、後遺症が残ってしまった場合の事故においては症状が固定された日から三年間と決められています。加害者の場合は早く解決をするためにも、示談を急ぐ傾向にあります。

急いだり、納得しない示談は禁物

しかし、被害者の方は結論をあまり急ぐのは良くありません。後遺症は後になってから、症状として出て来る場合があります。相手からの賠償金額の内容に納得いかない場合も出てくるのではないでしょうか。しかし、納得がいかないからといって示談や交渉を長引かせることは良くありません。当事者同士で争そうばかりでは解決することは不可能ですので、裁判所など公正に判断してくれる場所で解決することを検討しましょう。示談が不成立になってしまいますとお金を払うことができない加害者側の方が不利に聞こえるかもしれませんが、実勢に困ってしまうのは被害者の方です。

損害賠償金や慰謝料を受け取れない期間が続いてしまうのは、被害者にとってはデメリットしかありません。解決をするために時間がかかってしまっては、精神的に疲労する一方ですしストレスが溜まってしまいます。最終的には裁判所に調停を申し立てましょう。それでも納得がいかない場合には、民事訴訟を起こすことを考えておきましょう。

専業主婦が交通事故に遭った場合の休業損害

house-wife仕事をして収入を得ている人が交通事故にあった場合、働けなくなった日数分の休業損害を相手方に請求することができますが、専業主婦が交通事故に遭った場合、働いて得ている収入はありませんので、休業損害を請求できても、金額をどのように計算するかなど問題が出てきます。その場合、1.自賠責基準、2.任意保険基準、3.弁護士・裁判基準の3つの基準をもとに休業損害額を計算します。この3つの基準の中では、自賠責基準が一番安く、弁護士・裁判基準がもっとも高額となります。

どの基準でも1日あたりの基礎収入額に休業日数をかけて休業損害額を算出します。

①自賠責基準での計算方法

自賠責基準で計算する場合、原則的に一律で1日あたり5700円として計算します。
この場合、休業損害額は、5700円×休業日数となり、
専業主婦でも、一律1日あたり5700円請求できます

②任意保険基準での計算方法

任意保険基準で算出する場合、各任意保険会社によって基準が異なりますので一概には言えませんが、ケースによっては、自賠責基準と同じ1日あたり5700円の計算方法を提示される場合があります。

③弁護士・裁判基準での計算方法

弁護士・裁判基準での算出する場合は現実の収入を基礎収入として計算します。
サラリーマンの場合は、交通事故前3か月分の収入の平均をとって基礎収入として、1日あたりの基礎収入を算出しますが、
専業主婦の場合は現実的には収入がありませんので、基礎収入を算出できません。
しかし、弁護士・裁判基準によって請求することができます。

専業主婦であっても、家事労働をしているのでその労働の対価を観念することができるからです。

この場合に、基礎収入をいくらにするのかが問題となりますが、この場合、賃金センサスの産業計、企業規模計、学歴計、女子労働者の全年齢平均賃金の基準を使います。この基準を用いることにより、1日あたり約1万円程度を請求することも可能です

任意保険会社と示談交渉をすると、現実での収入がないことを理由に1日あたり5700円を提示してくるケースが多いですが、賃金センサスに基づいた計算方法を主張します。

また、働いている人が休業する場合には勤務先に休業日数の証明書を発行してもらうように依頼することができますが、主婦の場合は、勤務先がないので休業日数を証明する方法として、医師による診断書や通院を証明する書類などが必要になりますのであらかじめ用意しておきます。

事故後遺障害の14級に認定される交通事故むちうち

首むちうち

交通事故の後遺症で一番多いのが「むちうち」

交通事故の後遺障害14級9号、というものに、交通事故むちうちがあります。後遺障害認定基準においては、「局部に神経障害を残すもの」と規定されております。等級は1へ近づいていくほど後遺障害はひどくなり、14級はその最低級に分類されています。

後遺障害14級の認定基準は、神経系統の障害の存在が医学的に説明することができる場合のみとなります。よって、神経障害の存在が証明されるまでには至らなくとも、被害者自身が訴える症状の発生が医学的に交通事故によるものであるということが説明できる場合にはこれに当たります。「交通事故損害賠償額算定基準」を見ると、そのような旨の記載がみられます。

この神経系統の障害というものは、交通事故むちうちなどのヘルニアによる末梢神経の障害だけではなく、頚部痛や頭痛、といった痛みもこれに含まれます。医学的に説明できるかどうかは、交通事故損害賠償額算定基準の記載により、交通事故と受傷者の障害が医学的に矛盾なく説明されるか、ということを意味しています。つまり、もし受傷者が症状を訴えながらも、検診の際に痛む場所や症状が変わる、などの矛盾するようなことがあった場合には、医学的な説明がつかなくなってしまうため、その認定を受けることができなくなってしまいます。

また、その認定の際に重要なことは、交通事故損害賠償額算定基準には詳細が記載されていないものの、「その神経障害が将来にわたって残存する可能性のある障害であるととらえられるか」ということです。これは、通院期間やその回数、そして治療内容によって変化します。

後遺障害診断書作成には6か月の通院が重要

むち打ちなどの障害の場合には、六か月にわたる通院が後遺障害診断書を作成する際最低必要な機関であるといわれています。なので、もし六か月で通院を追わrせてしまった場合には症状が将来にわたって残存すると歯言えない、と判断されてしまう余地を残してしまうことになります。つまり、現在進行形で症状が残っていたとしても、将来的には症状が消えている可能性がある、と認定されてしまう可能性がある、ということです。通院回数や治療内容にもよりますが、もしも障害として認定してもらう場合には、六か月以上の通院やリハビリが必要となってきます。

そして、もう一つ大事なことが、診断書に書いてもらう項目についてです。主に自覚症状の変化を詳しく医師に伝えることなどが重要です。たとえ事故直後にはそんなに強く症状が現れなかったものの、それから数日たってから症状が現れた場合などには、なるべく早く医師に伝えるようにしましょう。そのようなことも詳しく記載してもらうことがポイントとなってきます。

仕事中の交通事故には労災保険が適用されます

作業用の車

労災保険とは?

労災保険とは、仕事中に起こった事故や災害などにおける怪我や病気などによる通院や入院、手術などの医療費や、休業補償を行うための保険です。

労災保険という言葉を耳にしたことがあるという方は多いでしょう。
雇用保険と労災保険を合わせて労働保険と呼びますが、働いている人で一定の基準を満たしている方が適用されます。

アルバイトやパートなど、雇用形態は関係がなく、週の労働時間などによって資格が取得できます。
雇用保険に加入している方は自分もいざというときに労災保険が適用できると考えて良いでしょう。

仕事中に起こった事故による怪我や業務が原因でかかってしまった病気などが適用されますが、病気の場合は業務中に原因があることやその因果関係を特定するために時間を要する場合があります。

また仕事中だけでなく、仕事のための通勤や準備時間なども範囲内となります。

通勤中の事故と労災保険

例えば、自宅から職場への通勤中交通事故に巻き込まれてしまった場合なども保険が適用されます。
しかし通勤中の交通事故については適用外になる場合もありますので確認が必要です。

職場から自宅へ帰宅中に食料品を購入するためスーパーに立ち寄り、その後の帰路で事故にあってしまった場合は適用内ですが、退社後飲み会に参加したあとの帰路で事故にあってしまった場合は適用外となります。

どちらも私用による行動ですが、目的の大きさによってその判断に違いが生じます。
仕事もプライベートも日常生活の内ですが、保険適用の範囲についてはその時の状況によって業務のために必要なルートであったかなどの判断がなされるのです。

万一交通事故にあってしまった場合、労災が適用される範囲であると感じた場合は、緊急時を除いて労災指定病院を受診することをおすすめします。

労災が適用される場合、通常使用している健康保険は使用できません。
病院で健康保険証を提示し、請求額を支払ったあとに労災の申請をすると健康保険を使って支払った病院代の返還手続きが必要になったり、病院を変更する必要が生じるケースがあるためです。

健康保険では、働く人が病気や怪我で数日間から長期にわたって休業を余儀なくされる場合に利用できる傷病手当金の制度がありますが、この制度と労災保険は併用できません。

労災を使用することにより通院や入院費などの負担はなくなりますが、健康保険や厚生年金保険などの社会保険料については休業中も継続して支払う必要があります。
時給や日給制で働く人にとっては欠勤期間に職場から給与の支払いを受けられなくてもこれら社会保険料を納めなくてはならないため負担に感じる場合もあるでしょう。

もらい事故に遭ってしまったときに頼りになる弁護士費用特約

弁護士費用特約

もらい事故(過失割合0)被害と示談交渉

交通事故の加害者となった場合、自動車保険に加入している保険会社が賠償金を支払います。
示談交渉も加害者に成り代わり保険会社が代行してくれるので、交通事故を起こしたものの、基本的に事故処理は楽です。
しかし、追突事故などのもらい事故の場合は、被害者の過失はゼロです。

そのため、加入している保険会社は加害者との示談交渉を代行してくれず、自力で話し合いをして賠償額などを決めなければいけません
ですが、過失はゼロで大きな被害を受けているのに、加害者との交渉も自分で行わなければいけないのは、被害者にとっては大きな負担です。
もらい事故で車が使えなくなったり、怪我をしたりしている状態なら、なおさら負担は大きくなるでしょう。

また、法律の知識などに疎い被害者が、一人で知識のある保険会社の担当者と交渉するのは無理があります。
加害者側の代理人に言いくるめられてしまい、十分な賠償金を受け取れない可能性も大きいです。
もらい事故の場合、全く過失がない被害者の方が、加害者より負担が大きくなる仕組みとなっているのです。

もらい事故被害者を助ける弁護士費用特約!

しかし、保険会社の弁護士費用特約に加入をしておけば、被害者の負担は減らすことができます。

弁護士費用特約は任意保険に付随する特約の一つで、加入しておけばもらい事故に遭ってしまった場合、弁護士が加害者側の保険会社と交渉をしてくれます。
面倒な賠償金に関する交渉ごとを全てお任せできるので、被害者は怪我の治療などに集中することができますし、賠償金が低くなることもないでしょう。

また、弁護士費用特約を使って依頼できる弁護士は、費用が一切かかりません。

必要な弁護士費用は保険会社が負担してくれるので、金銭的な負担も発生せずに交渉を任せられます。
交通事故に遭うと仕事を休んだりすることもあるので、無料で依頼できるのは大きな魅力です。

さらに依頼する弁護士は、自分で探してお任せすることもできますし、保険会社に紹介してもらうこともできます。

弁護士を探す手間を省くなら保険会社の紹介、少しでも有利に交渉を進めたい、信頼のできる相手に任せたいなどの場合は、自力で探して無料で依頼すると良いでしょう。

弁護士費用特約を利用することができるのは、追突などのもらい事故だけではありません。

さまざまな交通事故に広く使うことができて、被害者に過失がある場合でも利用できます。
もしものときに頼りになるのが、保険会社が提供する弁護士費用特約なのです。

レンタカーで交通事故被害にあった時の賠償責任はどうなるのか

レンタカー

レンタカーで交通事故が起きた、事故に遭った時どうする?

自分の車では車内が狭く、レジャーに出かけるときに使い勝手が悪い場合があります。そんな時にはレンタカーを利用することで、不満を解消することができます。
とても便利なサービスですが、車を運転していると交通事故被害にあったり、それに関する賠償責任を負うリスクが発生します。安全運転を心がけたいところですが、100%事故を防ぐ方法は存在しませんので、危機意識を持ってレンタカーを使っていかなければなりません。

交通事故の加害者の立場になったら

まず、相手が交通事故被害にあったときです。自分が加害者の立場になりますので、誠心誠意対応しなければなりませんが、レンタカーで交通事故を起こした場合には契約の際に同時に加入した保険を利用することで、スムーズに手続きができる仕組みが用意されています。格安のサービスではなく、保険付きの内容が充実したサービスを選ぶと、トラブルが発生しても安心です。

交通事故の被害者の立場になったら

逆に自分が交通事故被害にあってしまうと、車の種類に関係なく、運転手が賠償責任を負います。但し、レンタカーの場合は前述のように保険に加入している例が多いため、厳密には保険会社を相手に手続きを行うようになります。

相手はプロの保険会社ですので、素人が交渉するのはかなり不利になることが予想されます。無理に相手と交渉するのではなく、できれば交通事故や損害賠償請求に強い弁護士の力を借りることをおすすめします。弁護士もその道のプロですので、保険会社を相手に法律を駆使して、より良い条件を導き出してくれます。

加害者になった場合には、レンタカーのサービス会社への連絡を迅速に行う必要がありますが、同時に交通事故被害にあった人を救出しなければなりません。いつまでも放置して怪我の状態が深刻になり、命を落とすような事態になれば大変です。速やかに救急車を呼んで、病院で治療を受けさせるようにしましょう。警察に届け出ることも必要です。警察に連絡しないと、保険が適用されない恐れがあるからです。

保険があれば賠償責任を負っても安心だと油断していると痛い目に遭います。保険の補償を超える賠償責任を負えば、足りない分を自己負担しなければなりません。これは交通事故被害にあった人も覚えておきたい知識です。損害賠償請求の満額を相手から受け取れなくなるリスクが高まります。

また、飲酒運転や契約者以外の人物が運転していた時、無断で時間を延長して運転していた際に事故に遭遇すると、保険会社ではなく、運転手がほぼ全ての費用を負担することになります。

交通事故の治療と症状固定と弁護士に依頼について

治療

交通事故にあったら「痛み」に関わらず病院へ行け!

普通に暮らしていても、予期せぬ交通事故に遭ってしまうことがあります。自分に非はなくてもケガを負うこともあり本当につらい日々が始まります。かなりショックをうけてしまうこともありますが、事故にあったときは、まずは警察を呼ぶことが一番です。そのうえで事故証明をしてもらい、その日のうちに、まずはレントゲンを撮れる病院にいくことが必要です。そのうえで医師に怪我の状態を記入してもらうことが必要です。

そのうえで、きちんと治療を受けていくことが必要です。時々そのときに痛みがないからと、病院にいかなかったり示談にしてしまう人もいますが、あとから痛みがでてしまったとしても、放置していた状態が長ければそれは交通事故とは認められないと医療費の請求もできなくなってしまいます。ですから、警察を呼んで現場検証をしてもらうことと病院でレントゲンをとることは必ずやらないといけないことです。

長く治療をして完全に治ればいいのですが、それでも治りいらないで、後遺症が残ってしまうことがあります。そんなときは医師の治療と症状固定が必要になってきます。これはしっかりと治療をしたのに、後遺症が残ってしまったという証明になります。この証明書を書いてもらってから、加害者側の保険会社から、その障害の等級にあわせて賠償金や慰謝料がきまっていくことになりますが、日本の場合、被害者側が満足するような金額にならないことが多いです。

示談交渉は弁護士に任せる

そんなときは、相手の保険会社に自分で交渉をしないで弁護士におまかせするという方法があります。

弁護士はあなたにかわって、相手の保険会社との交渉を進めてくれます。どのような交通事故だったのか、どの程度の怪我なのかは勿論ですが、交通事故に遭ったことで、あなたの仕事にどの程度、影響を与えるものだったのかなど、一つ一つ検証していってくれます。これにより、より細かく慰謝料や賠償金の請求をしていってくれます。個人で保険会社との交渉をするのは、つらいものがあります。ケガの治療だけでもつらいのに、まだ治らないのかと聞かれているようで、つらくなるという人もいるくらいです。でも弁護士に依頼したほうが、個人で交渉するよりもずっと満足をする賠償金や慰謝料をもらうことができることが多いです。それは医者のいる整形外科などで治療をしたということと、半年くらいずっと治療を継続したということによって交通事故の怪我が認められたということにほかならないのです。

交通事故の過失割合は弁護士に相談する

9961132bcf9ca999bed22ee0e2c3d444_s

過失割合とは?

毎日普通に暮らしているようで、予期せぬ事故に遭うということもあります。たとえば、自動車同士とか、自転車と自動車とか自転車同士など、いろいろなパターンで事故が起こります。事故に遭ってしまったときに行うことはまずは、警察を呼んで事故状況を説明をして事故証明を書いてもらうことが必要です。これによって保険会社の支払いをうけることができるからです。

その後、なぜ事故がおこったのか、だれが悪いという交通事故の過失割合については、警察は決めません。損害賠償で用いられる過失割合を決めているのは、警察ではなくて警察のつくった事故証明をもとに保険会社がきめているのです。

ただこれは、交通事故の状況を一つ一つ分析をしてきめていくというよりも過去の交通事故判例に照らし合わせて過失割合の数字をきめていくという作業が行われるのです。ただ、事故が起こった状況というのは、同じものはありません。

そのため、100%自分に公平なものになっているのか疑わしいときも現実としては起こりうるのです。

過失割合の交渉は弁護士に任せよう

このため示談交渉で後悔しないためには、自分でも過失割合について勉強しておく必要があります。しかしながら、素人が突然交通事故の過失割合について勉強をしようとしても、かなり無理があります。そんなときには弁護士に依頼することがお勧めします。

弁護士は、あなたに代わって相手の保険との交渉をしてくれます。なぜ事故が起こってしまったのか、どのような状況だったのかを丁寧に検証していってくれるのです。すくなくとも過去の事故に照らし合わせるだけでなく、しっかりと事故の状況をとらえていってくれるのです。あなたは、その間、ケガに治療に専念したり、怪我の治療でおくれた仕事に専念できるので、精神的に開放されることにもなるのです。ここで一つ大きなポイントは依頼するときは、交通事故の案件に強い弁護士に依頼するということです。

事故についての過失の割合などは、とても複雑なことも多いので経験がものをいうことが多いです。事故を扱ったことがないという弁護士では交渉でまけてしまうことが大きいからです。ですから依頼するときでもいろいろと情報をあつめて、経験豊富な弁護士に依頼することがポイントになってくるのです。そのときは、事故の状況などを正直に伝えておくことが必要です。自分に不利なことを隠すのではなく、どんな小さなこともきちんと正確に伝えておくことが大切なことです。